簡単に借り入れられる事業者ローン|審査の時にプラス材料

貯金箱とお金

会社運営に要する資金融資

お金

会社や個人事業主など、規模の大小は問わず、金融会社や銀行をはじめとする金融機関から、経営に必要な資金をローンと言う名目で融資を受ける(お金を借りる)ことを「事業者ローン」と言います。大手企業から中小企業、個人事業主までが利用出来るよう、融資や借り入れに関するローン設定が行なわれており、別名「ビジネスローン」とも呼ばれています。事業者ローンの利用を希望する際には、複数の金融業者と取引実績があれば審査の時にプラス材料として働いたり、トータルの融資額が増加する可能性もあると言われています。事業が悪化してからの申込みは、金利が高く設定されたり審査が通り難くなる傾向にあるため、早めの段階で申し込んだり普段から決算書を整理しておくことも推奨されています。事業者ローンは、審査がやや甘くなると言われている決算期前の2〜3月、半期決算前の8〜9月に審査が通りやすくなる傾向がみられ、新規参入業者についても審査がやや甘くなると言われています。利用の際には、上記の事柄に気をつけるなどの工夫をすることで、スムーズな融資が可能になるなどメリットが得られます。

事業者ローンは、基本的に銀行系とノンバンク(消費者金融や信販会社)系の金融機関で取り扱いがあり、各金融機関によって審査の基準に違いがみられると言った特徴があります。貸し付け条件が業者によって大きく異なる点は、事業者ローンと個人向けの融資にみられる共通点です。銀行系の事業者ローンでは、審査の基準が厳しめでありスピードもそこまで早くないものの、金利に関しては水準が低いと言った特徴が挙げられます。一方、ノンバンク系では、金利の水準が高めに設定されている傾向にあるものの、審査に関しては比較的緩めでスピードも早い傾向にあると言った特徴を有しています。前述した特徴から、時間・資金の両面に余裕がある場合には銀行系、直ぐにでも融資が必要であればノンバンク系の事業者ローンへ申し込むことが適切であると考えられています。

借り入れする際のコツ

貯金箱

融資先を選ぶ時は発生する利息のために金利を考慮することが大切です。金利は店頭や電話、サイトなので調べられます。また、借り入れの審査は安定性が影響するため、今後融資を利用する可能性がある場合は、安定性を向上させるための行動が求められます。

もっと読む

サービスの基本と返済

お金のマーク

キャッシングのサービス内容と利用時の注意点を主軸に記事にしました。利用するには審査を受ける必要があり、審査基準はキャッシング会社によって大きく違うこともあります。返済はインターネットバンキングでも可能です。

もっと読む

お金を借りるテクニック

男女

不動産担保ローンは、持っている物件を担保にするために、低金利で高額の融資が受けられるのが魅力的です。情報サイトで最適な業者を選ぶのが理想的であり、様々な用途に活用できる銀行系のサービスを選ぶのがトレンドです。

もっと読む